運転好きにはおすすめ!キャバクラの送迎ドライバー

キャバクラの送迎ドライバーはキャバ嬢を家に送り届けることが仕事

キャバクラの送迎ドライバーの仕事は、その名の通りキャバ嬢を自宅かその近くまで車で送り届けるスタッフのことを指す。

キャバクラは終電後に上がることになるから、終電後、帰る足がない子が多い店では送迎ドライバーを雇わなくてはいけない。

キャバ嬢だけではなく、場合によっては足がないボーイなどの男性スタッフも一緒に送迎することもあるかな。

ここではそんなキャバクラの送迎ドライバーの仕事について紹介していきたいと思う。

キャバクラの送迎ドライバーが向いている人

まず、キャバクラの送迎ドライバーが向いている人はどんな人なのか。送迎ドライバーというと、その名の通り仕事で車を運転することになる。

運転に慣れている人の方が良いし、ある程度の運転技術も必要になってくる。

送迎ドライバーは時給2000円〜3000円で募集しているところも結構多い。

ボーイの時給が1500円程度に対してこの時給。

比較的時給が高めで、さらに店がドライバーとして信用できると判断した場合は昇給する場合もあるから、実は短時間で高収入を得られる、副業としてもおすすめの仕事なんだよね。

運転することが好きな人

まず送迎ドライバーに向いてる人は運転することが好きな人かな。

毎日運転することになるから、それを嫌々やる人より楽しんでやれる人の方が長続きもするだろうし、こちらとしても安心できる。

特にその店の近辺に住んでいて、周辺の道を日常的に運転してる人だとなお良し!

キャストはいろんな場所に住んでるから、キャストの家を効率よく周って送り届けられる人であるならさらに優遇される。

俺も趣味でドライブをすることもあるけど、やっぱり土地勘があるのとないのとじゃ、運転のしがいにも繋がるし、送り届けられるキャストも疲れ切って早く帰りたいと思ってる。

だからこそ店の近辺をドライブするのが好きな人にぜひ送迎ドライバーをお願いしたいな。

安全運転に自信がある人

大事な店のキャストを家まで送り届けるために、安全運転に自信がある人を選びたいと思うのは当然のこと。

ここで交通事故を起こして、何人ものキャストに怪我を負わせることになっては店としては一大事だしね。

俺の店でも送迎ドライバーを雇ってるけど、その人はゴールド免許の中年の方。

面接に来た時に、俺自身助手席に乗って安全運転ができるかどうか技術を確かめたくらいには、送迎ドライバーの採用には慎重になった。

最近ではタクシードライバーが転職や副業目的でキャバクラの送迎ドライバーになる人も多いらしいよ。

確かにタクシードライバーは元々人を乗せて運転するのが仕事だから、送迎ドライバーに通ずるところもある!運転技術も鍛えられてるから、店側としても安心して採用できるよな。

気楽にお金を稼ぎたい人

最初に言ったように、送迎ドライバーはキャバクラの男性スタッフの中でもかなり高時給。

たった2〜3時間の稼働で1万円弱の給料を稼ぐことができて、しかも大抵1人〜2人くらいしかドライバーは採用しないから店が営業してる日はほぼ毎日仕事がある。

副業としてはもちろん、送迎ドライバーを本業としてる人もいるし、運転に慣れてる人ならすぐに覚えられる。最初から送迎ドライバーとして必要な運転技術は備わってるし、接客するわけでもない。

キャストたちを指定された場所まで送り届けていくだけだから、気楽にお金を稼ぎたいと思ってる人に送迎ドライバーの仕事は向いている。もちろん安全運転が必須条件だけど。

キャバクラの送迎ドライバーのメリット

キャバクラの送迎ドライバーをするメリットについて、さっき紹介したドライバーに向いてる人のポイントと合わせて紹介していく。

気楽に短時間で稼ぐことができるキャバクラの送迎ドライバーは、今男性向けのナイトワークの中でもかなり注目されてるんだよね。

だから送迎ドライバーの仕事が気になってる人は、直接面接を行う店長側の目線から見た採用されやすいポイントについてもぜひ見て欲しい!

ストレスが少ない

キャストを送り届けるだけだから、送迎ドライバーの仕事は本当に運転するだけ。

今時カーナビがついてる車がほとんどだから、もしキャストの家が多少遠くても、最初はカーナビを使って運転すれば良いわけだし。

新しいことを覚える必要が少ないから、かなりストレスが少ないんだよね。

深夜に安全運転ができるだけの技量があれば、効率よく短時間で稼ぐことができるのが送迎ドライバーの仕事のメリットだな。

でも、新しいことを覚えるのが苦手な人でも始めやすい仕事ではあるけど、ちゃんと真面目に働けるかどうかは見てる。

送迎ドライバーも店のスタッフとはいえ、ドライバーとキャストだけで外に出すことになるから心配になる。

それは俺が心配性だからとかではなく、送迎ドライバーを雇うキャバクラの店長なら誰しもが不安を感じるポイントだと思うよ。

20代以上の人のほうが採用されやすい

車の免許は18歳以上から取ることができるけど、正直免許取り立ての10代に頼みたいとは思わない。

20代以上の、運転歴が長い人を送迎ドライバーに選びたいと思う。

仕事としてドライバーをしたことがあるかどうかは問わないけど、ある程度運転経験がある人や、交通事故を起こしていないかどうかをちゃんと確認してから採用に踏み切る。

だからゴールド免許を持ってることやドライバーとしての職歴がある人しか採用されないというわけではないけれど、ペーパーでは送迎ドライバーの採用は不利になる場合が多いな。

運転免許さえあればだれでも求人に応募できる

送迎ドライバーの求人は普通自動車の運転免許さえあれば誰でも応募することはできる。

どういった基準でドライバーを選んでいるか、どこまでの技術があれば採用されるかはそのキャバクラ次第なところもあるから、興味があるならドライバーの求人をよく見て選んで欲しい。

20代の送迎ドライバーもたくさんいるから、運転が好きな人、ちゃんと安全運転ができる人はキャバクラの送迎ドライバーの仕事についても注目してみて。